プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

主に活動している内容

HP内の検索

QRコード

qrcode

「ウーマンズセレモニーをやっと本当に終えた旅」

今回の九州の旅は図らずも、まるでウーマンズセレモニーの締めの為のような旅となりました。

もうとっくに終わっていたと私自身も思っていたセレモニー。

けれど、セレモニーは『私が知っているように感じている』ことよりも遥かに深いものなのだということを改めて体感しました。

この感覚を例えるなら断食。

断食明けに日常の生活に戻るまで、同じ日数をかけるというのはよく知られていますが、それに似たことを感じました。

つまり、宮崎のセレモニー会場の主のロト君夫婦&そこに導いてくれた吉田ケンゴさん夫婦に、

『よろしくお願いします』と断腸の想いで伝えたのは昨年末のこと。

それから約5ヶ月の準備の時を経てセレモニー本番。

そして、また約5ヶ月の時を経て今回の旅となったのです。

この5ヶ月はセレモニーが終わったはずではあるのに、色んな意味で開放されていないように感じていました。

私達が意識していることは、大いなる者から見たらほんの氷山の一角なのかもしれません。




今回の旅の中でいくつもの導きや絶妙なタイミングに身を委ねた後、セレモニーをやらせていただいた大地へ挨拶しに行きました。

あきらかに『あの時』とは見た目も空気も雰囲気も違う大地。

けれど、とても優しい表情をしていました。

大地が見せてくれる優しさの材料の一つに、もし、あのセレモニーの『時』と『人々の祈り』があったら・・・

泣けるほど嬉しいと思います。




九州という一つの島各地に可能な範囲で挨拶に周り、セレモニーをすることの許可をもらうということ。

許可をもらった上で、大いなる者と大地に『行い』を望まれるということ。

美しいばかりではない相反するエネルギーから護ってもらう術と、護る術。

このセレモニーが今の時代に本当に必要だということは、その反対のエネルギーも存在すという実感。

そして包み込むということ。

自分のエゴを置いて、純度高く大いなる者の意志に触れる研ぎ澄ます感覚。

ここには書き綴れないことも沢山ありました。

けれど、最後の瞬間の『命のまんま』の皆の美しさが全てを溶かしていくかのようでした。




意図と無意識。

それぞれが重なる運びの中に私は居ました。

今回、セレモニーをした大地に挨拶をした際、笑いが込み上げてきて、そして涙が溢れてきました。

『今更』にも感じるようなこのフィーリング。

けれど、セレモニーとはこういうことなのかもしれません。

やっと、今回のセレモにーが終わった。




改めてお礼を伝えたい人は沢山いるけれど・・・

ずっと、ずっと九州を共に巡ってくれた釣ともみちゃん。

場所探しに始まり、宮崎の大地の確認への旅、地元の人へ挨拶に伺う旅、報告の旅、お礼の旅。

全て共に進んでくれて本当に本当にどうもありがとう。

ビビリで肝っ玉小さい私が、どれだけ心強く救われ助けられていたか、その胸の内を言葉では言い表せません。

そして、温かく『いってらっしゃい』と・・・

大切な奥さんと私に言ってくれる釣ちゃんの旦那様、ぴーちゃん。

本当に本当にどうもありがとう。

ぴーちゃんの祈りの力が私達2人の言動を護ってくれていました。




やっと、やっと・・・

少しずつ少しずつ次に進めそうです。

のろまだけど、それこそが自然のサイクルなのかもしれません。




最後に・・・

セレモニーを終えてから改めて子宮と向き合っています。

また、セレモニー後の皆の命の美しさについて考えていました。

『男性が女性の力を怖れて、女性の力を奪った時代がある』とケネッチは私に話してくれたことは数年前のこと。

今回のセレモニーを経て、これに対して私の中に一つの疑問が生まれてきました。




『こんなに美しいモノを怖れる必要があったのか?』

『男性がこんなに美しい力をなぜ怖れたのか?』




ずっと、子宮や周りに起こる事象を見つめて、今、私なりに感じていることは・・・

『女性が男性を恐れさせてしまったのかもしれない』




『命を次につなぐ力を持つ女性は本当にパワフルんだよ。

キミは山をも動かせる存在なんだ。

思い出しなさい、力を取り戻しなさい。』と教えてもらってきました。

私もその通りだと思います。

その通りでもある女性本来の力を、この美しい力を・・・もし闇の勢力の方に使ってしまったら?




私は『女性の時代』とか『女神の時代』などの言葉に違和感を覚え続けてきました。

それは危険な表現を含むことを無意識に感じてきたのかもしれません。

私はこのセレモニーを経て感じることは、

女性が本来の力を思い出すということ=男性が本来の力を取り戻す

女性が本来の輝きを取り戻す=男性が本来の力を取り戻す

・・・ということなのだと実感しています。

つまり、女性性の時代でも男性性の時代でもなく『カップルな時代w』への移行。

『ウーマンズセレモニー』という名前のものを執り行う者として改めてここに覚書としてひとりごと。




今回の九州の時の中でご一緒させて頂いた皆々様。

本当にありがとうござました。


















「15年が経った9月11日に送られてきた写真感謝」

今日は9月11日。
あれから15年。
なんだか、体がだるい今朝。
カナダの大切な人と久しぶりに話した昨夜に続き、彼女から写真が送られてきていた。
話し終わったあとに現れた景色。
大切な人々が生きる、大好きな場所にかかる虹。
すごくすごく、嬉しかった。




あれから、15年。
世界中で、個人レベルで・・・
いろいろあって、いちいち悲しくなったり、動揺したりするけどw
やっぱり、私達は一つになるしか道はないっしょ♪




『虹は全ての者の中におられる、あのお方からのメッセージじゃ。
全ての人間が一つの家族のように繋がることを虹は教えている。
さぁ、自分を信じ、あの山の頂にお行き、私につながる愛しいものよ。
どうやったら虹の戦士になれるか行け、行って学ぶが良い。
愛と喜びを皆の間に広げることだが、この世界の憎しみを理解と優しさに変えることができる。
この世のいっさいの戦争と破壊をなくすために、私たちに残された道はもはやそれ一つしかない。』


〜北山耕平さん翻訳「虹の戦士」より〜




私がもらった宝物をこの物語の力をお借りしながら、10月から11月にかけてじぶこんと、時に私単身でお届けにあがります。
もしよかったら、お受け取りいただけたり、交換できたら嬉しいです♪

https://www.facebook.com/nijinosenshi/videos/1077489202339403/


私が今繋がらせてもらっている大切な皆が&皆の大切な人達が。
今日も、明日も、一年後も、その先も♪
益々益々、大きい笑顔と共に芯からHAPPYでありますように
動揺も、悲しみも、落ち込みも、怒ったってまるまるOK!
あるあるーーーーー!
私なんかしょっちゅう、あるーーーー!
でも、その先に必ず。
HAPPYであることを選択できますように。




繋がる人と、その先の人へ♪
愛と感謝をこめて☆


2016年9月11日
坂口火菜子







「星野道夫の旅」

ある大地と、そこに護られ生きる命に心を奪われた人の喜びと孤独が痛いほどに伝わってきた。 また、彼を想い、この回顧展を企画された方の愛が半端ない。 また、どこかで出会いたい。
http://www.asahi.com/event/hoshino20/

「愛おしい人々」

ここに来ると見る夢の質が変わる。
日本でのウーマンズセレモニーが終わったあと、空っぽのように感じた内側が少しずつ震えだしてる。
ここの愛する人たちや、愛おしい子供たちの変化に心が震える。
ずっと見つめ続けてきた子供たちの変化は特に意識してる。
ここ、居留地独特の問題に傷つく子供をたくさん見てきたから。
だから、それらから守られ上手に成長している彼らに触れると、涙が出るほどの安堵感を味わう。
今日はそんなフィーリングの一日。
空にはダブルレインボー。

そして、また。
離れるからこそ感じられる愛おしさを同時に日本に向けて抱く。
ここから繋がる大切な人達を感じています。
願わくば、ここから送る祈りが、大切な人の明日を少しだけでも優しいものにできますように。
らぶ∞









「皆が今日もいっぱいハッピーを集められますように」

空は繋がってる。
海も繋がってる。
ここから日本と日本に居る大切な人達のことを想う。
うん、他の地に生きる大切な人達のことも想う。
もっともっと、この繋がりを安心して感じられていたら良いな。
もっともっと、皆が安心し合えたら良いな。
皆が今日もいっぱいハッピーを集められますように。
いろいろあるけど、それでもハッピーを集めるって選択をできますように。
ムシじゃなくて、対立でもなく、包むこと。
母なる地球がそれでも私達を包んでいてくれているように。




「共にあらせてください」

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。
本当にどうもありがとうございます。

少しの間でも、今はどうかゆっくり休んでほしい。
一人で。
または、愛する人と共に。
束の間だけでも全てを忘れて。
願わくば母なる地球の呼吸と愛を安心して感じられる場所で。

そして、少し休まれた後には。
これからもどうぞ様々な角度でよろしくお願いします。
改善はあっても悲観はない。
共にあらせてください。
共に進ませてください。
共に。

今回の選挙で、本当の意味でご自身と愛する人のことを想って選択と行動された全ての人へ。

感謝と尊敬と愛をこめて。


『想像する力』

昔、芝居世界の父さんが話してくれたことを突然思い出す。


『観客の想像力を信じろ』


この言葉をもらってから、私の日常や性格にも影響があって。
時にそこには忍耐が必要であり、時に遠回りも必要で。
まぁ、まどろっこしいこともあるのだけど(笑)
でも、同時にこのプロセスは自分のエゴを外すとても重要な作業にも繋がる。


『わかって欲しい』
『伝えたい』
が、強すぎる時、悲しいほどに自分の内に潜むエゴが演技に乗ってしまう。


セレモニーに関わる時も、こんなことをよく思い出していた。
とことん、自分のエゴと向き合ってから、相手に届けられる最大にして最小の方法を探してみる。
最小にする理由は相手の想像する力と可能性を信じるから。


私は想像する力を人類の最高のギフトだと思ってて。
今、小さい頃から想像していたことの振動が細かになってることを感じてて。
まさにこの時に、大好きな人達に囲まれて、美味しいものを頂くことを許されて、生きることを許されてることにおもむろに感謝(笑)
更に自分と相手の想像する力を信じて進みたいな、共に??





『できることを一緒にしていこうね』

今日、大切な友人が電話をくれた。
東京の友達に三宅洋平くんのことを伝えるために電話をしていると。
多くの場合は、『して良かった』と思えるけれど、ほんの幾つかの電話では悲しい思いもしたと。
かけた電話の会話の内容をシェアしてくれた。
『できることをしたくて』
彼女は少し有名な人だから、その分のリスクもある。
きっと、だからこそ届けられる声もある。
子供のため、愛する人のため、自分のために、自分がシンプルに想えることに素直に大切に進む彼女に触れて嬉しくもなり、勇気をもらった。
『できることを一緒にしていこうね』
しばらく会えていないんだけど、本当に大好きだなぁって改めて思った♡
ありがとう。

 

 

鶴田真由さんもこのように自分の声に乗せているんだね。

 

 

7月10日(日)投票日!
期日前投票も含めて♡
今まで投票に行かなかった、興味がなかった人にこそ注目!

 

 

https://twitter.com/MayuTsuruta/status/748404720323026944


「朝摘みたての桑の実」

長野から突然。
ちょっと散歩がてら、ちょっとしたカフェに寄ってくれた大好きな友人が持ってきてくれた桑の実??
朝、摘んだばかりだから虫がいるかも‥と。
ってか、ここは東京だよ!
長野から東京に散歩って!
相変わらず素敵すぎるよーーー!
セレモニーを終えて、会いたいな〜って思っていた人。
本当にありがとう!


「カナダ・クリー族の皆は無事に帰国」

彼らは無事に家に到着したようです。

私もやっと少しホッとした時間を過ごそうとしています。

本当に長かったこの一年。

でも、過ぎてしまうと短く感じるこの不思議。

様々な形で共に進んでくださった方へ。

そして、自分自身のために少し振り返っておこうかとここに。



『来年は日本で』と言われたのは、昨年の5月。

ウーマンズセレモニーに日本から参加された方を迎える準備の為に前入りした数日後のこと。

時に彼らの宣告は私を身震いさせる。

それ故に何度、「彼らに出会う前の自分に戻りたい」と願ったか分からない。

でも、「知る前の自分に戻れない」ということも、とうの昔に知っている。





帰国してすぐの7月。

『九州なら火を焚き続けられる場所があると思う』という、とみーの一声で九州を巡った。

表向きは「虹の戦士ひとり語り」という形で各地をめぐり、大地や水や木々にご挨拶をした。

セレモニーをやることを許され、また望んでもらえる大地と出会う必要がある。





8月再びサンダンスの為にカナダへ。

『来年は日本で』という彼らの意思をまた深く受け取る(涙)

『場所が見つからないのよ』と訴えると、

『心からクリエーターに祈りなさい』

いつも、この一言。





10月

前田せつ子さん企画で私の旅のお話会をさせて頂く。

ウーマンズセレモニーについて触れると、久しぶりの再会のりょうたさんが何かを呟く。





10月18日

大阪での「虹の戦士」を終えて帰宅するなり、りょうたさんから電話。

九州で『ひょうたん市場』を企画している吉田けんごさんを紹介され翌日に電話。

このセレモニーを日本でやる以上、欠かせないと感じていることが塩炊きで、その為海に近いなど私の中で最低限の幾つかの条件がある。

吉田けんごさんと話していると、何やらそれらの条件が一致している様子。





11月末

九州へ出発。

阿蘇に暮らす吉田けんごさん&のぶんちゃんに挨拶。

そして翌日には宮崎の都農へ向かいロトくんとめがねちゃんに出会う。

大地の主である木に挨拶。

その夜、まだこの大地の全貌は見えていないのに、ここでセレモニーをしている振動を感じてしまった。

翌朝、大地を見て驚く。

カナダの彼らの大地に生える木々や風と似ている。

この九州の旅を同行してくれたつりちゃん、あやちゃんも一緒にカナダへ行ったことがあるのだけど、似た大地にやはり驚いていた。





また、この大地の主である、ロトくん夫婦、そして、ここにひょうたん市場を築こうと進む吉田けんごさん夫婦の4名も、目的に向けて切り開いてきたこの大地に挨拶と祈りの意味を込めて何かしらのセレモニーをしたいと思い始めていた矢先の私との出会い。

セレモニーを「させてほしい」と「してほしい」が一致。





阿蘇に戻りけんごさん夫婦に挨拶に再び伺い、その別れ際。

見事な虹が一瞬姿を現した。





『もし、あなた(大いなる者)がこのセレモニーを本当に必要とするなら、その最良の場所を年内に私を導いてください』

私はそのように彼に祈るというか語り続けてきたのだけど、見事に完璧な場所へ導かれてしまった。

東京に戻り、はっきり言って私は泣いた。





平和とか、母なる地球との関係とか。

それはめちゃくちゃ大事にしたいし、できることがあるならしたいと小さい頃から思い続けてきたけれど、はっきり言って、ここまでやらなきゃならないのかと。

お金のこと、準備、時間、生身の人間には・・・少なくとも未熟たっぷりな私には大きすぎるプレッシャーだった。

果てしなく感じる彼のオーダーに答える決意を固めるまでに約3週間の時を要した。

ジタバタして、ネチネチして、いっぱいやさぐれて。

でも、とうとう年内には吉田けんごさんとロトくんへ「よろしくお願いします」と電話をした。

結局、大いなる者の意思と私の内なる真の芯の声はいつも一致している。

私の概念や思い込みやエゴなどの思考がいつも不安を生む。

頭から心へ問うのではなく、心から頭に問う旅。





それからの時間の流れは本当に早かった。

けんごさんやロトくんの周囲の仲間たちが「ウーマンズセレモニー」に違和感というか・・・引いているらしいことを聞いた。

電話やメールではどうしても埋められないものがある。

4月に九州へ伺った際。

20〜30名程の地元の方に集まっていただいて、セレモニーの説明をさせてもらう機会の時はリアルに口から心臓が何個も飛び出した(苦笑)

でも、その時間のおかげもあって、後に地元の方の心強すぎる、大きな力をいっぱい分けていただけた。





また、地震もあって多くの方の不安を受け取らせてもらった。

「セレモニーを決行するのか?」

「今の九州へ出向くなんて、どんだけ命をかけるのか?」など・・・。

けれど、私にはもはやカケラもの不安を抱く空きはなかった。

万一、地元の方の迷惑になるかもしれないことは避けたかったけれど、それはないと言い切ってくれる方々の存在。

そして何より、このセレモニーは大いなる者が望んでいることそのものなのだ。

彼を想う、彼の子供である私達がそれを目一杯形にしているのだ。

また一つ、また一つと増えていく心寄せる存在と共に。





むしろ、この時に九州の大地にご縁をもらいセレモニーをさせて頂く重要性というか、大いなる者の意思をそこに感じ、できることを大切に目一杯させて頂くことの他に選択は何もなかった。





同時進行でカナダの彼らとのやり取り、各地の方々とのやり取り。

そして何より、大いなる者との対話は本当に心身を使い果たした。

大いなる者との対話には少しばかりのエゴがあってはならない。

それこそ、ケネッチがよく言っていた、感情で選択するワケにはいかない。

その選択の先は関わる方々に良くも悪くも大きく影響を与えてしまう。

この時ばかりはとことん自分との対話を突き詰める。





ウーマンズセレモニーを今年、日本でやれて本当に良かったと思う。

このセレモニーは今こそ重要なのだ。

この社会の中で不安に駆られて、それを埋めるように頑張って、いつの間にか愛する人のことも、自分のことも褒められなくなり。

それは母なる地球との関係を自ら断つ行為に繋がる。

まさに「不安」がこの世界の歪を生んでいる。

その不安はどこから来てるのか?

誰が生んでいるのか?





ウーマンズセレモニーは大いなる者と先祖からの愛。

外で護る男性、ティピにこもる女性、それをさらに見守る女子供の愛。

愛を感じられる行為そのものだから。

宗教に属していても、いなくても関係ない。

私達は確かに愛されている。





『その愛を信じきることが一番難しい』とケネッチは話してくれたけれど、このセレモニーは言葉にも文字にも何物にも代え難い振動でそれを見事に体感する。

そして、男性と女性が本当に愛し合ったときに子供を授かるように、母なる地球の変動の時を乗り越えられる叡智は愛の先に授けられる。





各地で語ってくれたケネッチ、ノラ、クリフ。

『私達は皆さんをインディアンにするために来たのではありません。

クリエーターと先祖の愛をshareしに来たのです。

あなたがたの祖先も我々の先祖同様、血に流れる記憶を取り戻すための道具を沢山残していることを今回知りました』

彼らは本当にたくさんの刺激と学びを受けて帰ってくれた。

また、パズルのピースが埋まっていく。





血に流れる記憶。

一緒に思い出しましょう。

そして、母なる地球が変動するこの時を、共に生きることを許されましょう。

七世代前の先祖達と七世代の先の子どもだちと共に。













| 1/7PAGES | >>