プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

主に活動している内容

HP内の検索

QRコード

qrcode

「カナダのつぶつぶを日本へ」

今から日本へ向かう飛行機に乗ります。
カナダ時間をご一緒させて頂いた皆様??
たくさんたくさん、ありがとうございました!

カナダでもらったつぶつぶを日本へ運びます
( ´ ▽ ` )ノ

I will go back to Japan now
Thank you for everything to beautiful families and friends
I love you all !!!







「八百屋お散歩さんの日記より〜「伊藤研人×坂口火菜子トークライブ」の風景 〜」

3月1日。
伊藤研人くんとのトークLIVEをさせて頂きました。
『初めまして、が、信じられない!』と、
お越しくださった方に言われるほど(笑)
共通点が多く、お話しも楽しくさせて頂けました。


論理的に話す頭の良い研人くんと、感覚でしか話せない私。
足りないものを補って下さり、螺旋上昇していくような時空間の旅。
2時間半があっという間で、その後の交流会は皆で話が尽きず。


この機会を作ってくださった八百屋お散歩さん。
色んな話を聞かせてくださった伊藤研人くん。
共に時空間をご一緒させて頂いた皆々様。
本当にありがとうござました。


以下、八百屋お散歩さんの日記のリンクになります。
写真も載せてくださっているので良かったら見てね♪
*私が抱っこしているBABYは、お友達のBABY
 初対面だったので、私の顔が垂れてます(笑)

http://yaoya-osannpo.blogspot.jp/2015/03/201531.html





「融合」

日本時間で、69年前に広島に原爆が落ちた頃。
日本から残りのメンバーが到着しました。

投下されたウランの一部はここ、サスカトゥーンから発掘されたものでもあり、そのある場所をお金に目を眩ませた先祖が教えたのだと。
いつか直接、その大地に謝りに行きたいとケネッチが言っていたことを思い出します。

今日、到着したメンバーは図らずも終戦記念日に帰国します。

各々が、個々のストーリーと想いを抱いて無事に到着してくださったことに心から感謝!!!
強烈な祈りの場になる予感に、心身共に身震いしています。

離れていても、繋がりが十分にあることを今、確信しています。
日本からでもどこからでも、ご一緒させてください。

命を掛けて、命吹き込む祈りの場。
サンダンス。
そこに日本のスピリットが謙虚に、しかし堂々と重なって、扉開きと融合が渦巻きます。




「ペースダウン&アップ」

通い始めて八年目のカナダに来ています
ちょっとしたカフェは長期の休み中であります
私はこの後は比較的、ネットをチェックはできる予定です

今年は、クリー族の皆とは遠く離れた所にある、別のカナダの面で、新たなる出会い溢れる時を前半に頂きました

ハンソン島

そこは、人も自然の一部なのだと、ゆったり感じられる場所
心洗われました

私達はもっともっとペースダウンして良い一面と、ペースアップの必要がある一面の中にいることを感じました

確信をもってペースダウン
心を開いてペースアップ

この地で(カナダでも)初めて、『虹の戦士』を1人語りさせてもらえた機会にも感謝
島にある物凄い大いなる力をもらいました

【愛と喜びをみんなの間にひろげることだけが
この世界の憎しみを理解と優しさに変えることができる。
この世からいっさいの戦争と破壊をなくすために、
残された道はもはやそれひとつしかない】
虹の戦士(翻訳・北山耕平)

そして、連絡のつかない、その間に祖母が旅立ちました
『その時』を側に居られなかったことに、父や親戚、そして祖母にごめんねの気持ち
と、理解とむしろ力を送ってくれていることに感謝

残りの旅を共に過ごしたいと思います





(ハンソン島へ向かう途中、虹の光)



(日本からハンソン島への水先案内人(笑))



「Womens Ceremonyに入ります 【8】」

ノドもと過ぎれば熱さ忘れる・・・
にも、程があるぞっ、私!

今後、ここへ来る方々へ
蚊・非常に小さい虫に刺されます!
残念なほどに、今回も私は刺されまくってす!
湖の近くだから仕方ないのか?
とにかく、私がここに来てから、刺された数は100箇所は超えます!
でも、ここの子供達は皆、こんな格好です・・・

IMGP3093.JPG

(笑)
虫刺されも慣れるものなのでしょうか・・・?
とは言え、去年も被害が酷かったはずなのに、
今回、何の虫除け対策をしてこなかった自分にびっくりです!
そして、がっかりです(笑)

今日からWomens Ceremonyに入ります
その為に、昨日はケネッチと若者男性3人でティピを作りました
2時間程度でめちゃくちゃ立派なティピが!!!
さすがに格好良かったよ!
そして、ここの人達の生命力は半端ないと思うのです

IMGP3404.JPG

IMGP3411.JPG

IMGP3315.JPG

IMGP3160.JPG 

いってきま〜す

「朝陽に包まれて【7】」

自由でいられるような生き方を選択してきた
その選択のために、色んな執着を外してきた

けど、日本・東京という独特な場所での生活
楽しいのに
愛してる人いっぱいなのに・・・
私は自律神経失調症になった(爆)

まだ自由じゃない
まだ執着が私にある

それ自体は分かってて、それが何なのか、もはや分からなくなってた
その答えが自分の中にあることも、もはや知ってはいる
けど、その場所と、その場所への進み方が分からなくなってた

どうやら、今まで肯定的に見ていたモノにも『思い込み』があるようだ
『肯定的』に、今、何かが隠されている
ヒントは自分の動悸・鼓動・ワクワク・鳥肌
それしかないみたい

5年間通い続けた、このカナダに住む家族達
愛してる
もらうもの、渡せるもの・・・計り知れない
けど、これも一区切り

まぁ、瞬間瞬間が一区切りで始まりだから、何の一区切りなのかも不明だけど
一区切り
そして始まり

IMGP3319.JPG


IMGP3323.JPG


IMGP3356.JPG


IMGP3380.JPG


この朝陽の美しさを私に教えてくれたのはケネッチでもノラでもなく
隣に住む、Ceremonyに参加することを選らばないおじさん

Ceremonyって何だろう?

確実に、私には大切な経験であることは間違いないんだけど、
その質問が私の中をぐるぐるしてるよ


「No Food&No Water4日間断食から戻りました【6】」

彼らにとって欠かすことのできないこの恐るべし断食
日本の家族は勿論、友達から
『食事はともかく水も!?死ぬぞ!』と、溢れるご心配を頂きました(涙)
ですよね、うんうん、その心配よ〜く分かるよ、
だってね、そこにね、飛び込むのはね、ワタクシ本人だからね〜〜〜(爆)
あれや、これや、もっと怖い想像だって準備してますがなぁぁぁぁぁ!

そんな私に着いて早々
『一番、初めの断食は怖いものよ。
 でも、この断食は陣痛のようなもの。
 この経験をした後には、ものすごき大きなメッセージに出会うし
 食事、湖、木々、風、全てが違うように見えてくるの』
と、メディスンウーマンのノラは言った

うんうん、いいこと言うな、メディスンウーマン・ノラよ・・・・
陣痛か、なるほどね〜、さすがだ・・・
でもさ、ちょ、ちょ、ちょっと待って・・・
私・・・
もう、すでに、かなり、いや、相当・・・
食事、湖、木々、風、全て違うようにっていうか、もう超越した感動をしまくってるんですけど
そこからメッセージも決行色々貰ってるんですけど
(あ、食事は色々逆の意味もあるけど)

近づくほどに恐れおののく私はそんなことを思うワケです

昨日、無事に終えてきました
おかげさまで身体はボロボロだけど生きています

つぶやきにも書いたんだけど、人として最後の執着は
時間・食べること・飲むこと・生きることなんだって感じた
その執着を外すか戦うかという選択が、
息絶え絶えの、死と生を全身で実感する中間地を
平和と恐怖のどちらと共に過ごすのかという選択
そして平和も恐怖も自分が生むものなんだ・・・って
そして、そして、生きることを選ぶために、執着だって必要なんだって
ただ、この究極の中間地では、あらゆる執着を捨てて自分を自由にしてあげないと自分が苦しい

そんなことを感じた〜

望まずとも、飲まず食わずを強いられている子供がこの地球上にいることを知っている以上
これ以上、今は書けないんだけど

ただ、私の時間で生きてきた私がこの経験をさせてもらえたのは
やっぱ貴重
又、やるかは・・・今は考えられないけど、一度は経験できて良かった

何より、ケネッチを含む7人の男性が24時間体制で入れ替わり立ち代りで
外の火を守ってくれてて
その火はね、神聖な時間を過ごしてる私達(あともう一人の男性の合計2人だった)が
Creator 先祖 あらゆるスピリットに守ってもらい
メッセージを受け取る為の、大切なラインなのです

雪の降る夜もあったし
ここに来て初めての雨が、私達の断食初日から降り出したりで
火を守るには本当に大変だったと思うのに・・・
ヘンテコ日本人ともう一人のために(感涙)
感謝です

ま・・・・
そんなんだったから、途中で『やめる!』『やめたい!』が言えなかったのです
愛という形の強制でした(爆)

はぁ、書きたいこと、書いたほうがいいと思うこと
きっと、これから出てくるけど、今はあまりに腰が痛いので(ほとんど寝てすごしたから腰にきた)
寝ます!

おやすみぃぃぃぃぃ

IMGP3299.JPG

IMGP3287.JPG

私が断食を終えた頃に生まれた赤ちゃん
これ、この世に出てきて二日目の写真ですよ(でかっ!)

IMGP3133.JPG

赤ちゃんのお兄ちゃん、エイボー!
彼は生まれたての頃から知ってるから、特に仲良し!


「いよいよ断食までのカウントダウン!【5】」

沈黙の中で過ごしている今
私は一人で散歩に出かけます
夜の10時を過ぎても薄ら明るいのです

私のお気に入りの場所があります
Lakeを見渡せて、鳥の声がよく聞こえて、ビーバーの泳ぎがよく見える所
時々、鷲や鷹が飛んでいるのも見えます
けど、そこも、ここも、この美しい場所が当たり前の彼らは
ゴミを平気で散らかす人が多いです
残念です・・・
そんなことを思う、今日この頃・・・

今日、いつもの場所に出かけると、ゴミがキレイに掃除されていました
私がいつも来るのを知っている謎の誰かの優しい仕業のようです
ベンチまでも簡易に作られていました

ちなみに、浄化の時を過ごしている私には
男性は近づかないようにノラの通達が行っています(笑)
男性の存在(恋とか関係なく)や、ネガティブなエネルギーの影響は
断食を非常に苦しいものにさせるからだそうです

よくドライブに連れ出してくれたジョニーとも
今回カヌーで連れ出してくれたドナルドともほとんど会えていません(ヒマだ)

精神的な深い話も大切だけど
他愛もないことで、たくさん笑い合える
そんな時間が人と人の心を近づけさせてくれます

IMGP3252.JPG

サルか!
と、突っ込みを入れたくなるほどに、お互いの頭をケアし合います(笑)

IMGP3235.JPG

前歯!
でも、かわいいぞ!

・・・さて、私の断食はいよいよ明後日の水曜日から!
色々、『私の予想通りに』『当初の予定通り』に進まず・・・
いつもSweatをしているロッジで、最初の2日間くらいは私一人で過ごすことになるみたい
初めての2007年の再会の時に、私が始めてSweatをした小屋です
それも、なんとも、感慨深いのだ


「お気に入りの写真【4】」

IMGP2979.JPG 

心が開く瞬間は、思いもよらぬ瞬間

太陽が沈むと同時にLakeに昇るお月様

『日本での生活が本当に忙しかったんだって
 一生懸命、自分の課題をやってきたんだって見えていたよ』
私がここに着いてからの数日・・・
私の身体が語っていたらしい(笑)

IMGP3074.JPG

永遠に見ていられるここの空と湖

「カナダの旅は自分ごと〜【3】」

私はどれだけ祈りの力を信じているのだろう?
できることの少なさに対峙するのが怖くて
祈りの力を信じているつもりになって、贈っている気になっているの?

正直、地震後の日本を2ヶ月も離れることに罪悪感を持ってる私がいます
そして、ここに暮らすことを彼らに薦められる度に
去年までだったら、喜んでそれに向かっていただろうに
今の私は身体が真っ二つに引き裂かれるほどに、悲しい気持ちになってます

この大きな沈黙の中で色んな自分と向き合っています
と、言うのも、断食の前に私は浄化の時間というのを過ごしていまして
あまり外に出ることもしていません

実はこれ、なかなかしんどいです

どんだけ、忙しさに負けて自分との対話を後回しにしてきたか
それ故、どんだけ自分の声を聞くツールを滞らせてきたか
『つもり』になっていること、などなどね・・・

まぁ、、本当に・・・
簡単に言ったらヒマヒマヒマだからね、
自分と対話して、それらに気付かないわけにはいかないのです(爆)
だけど、今回私はこれをめちゃくちゃ意識してきました
この一年、本当に突っ走ってきたから、無理矢理にも、この時間が必要だったのね

大切な時間です



ノラのお父さん、グランパ
グランパの底知れぬ大きな笑顔は、どんなネガティブな自分と対峙しても
また、彼らのどんな美しくない部分に触れても
全て小さいことのように思えます(笑)



今回初めて、カヌーで私を連れ出してくれたドナルド
彼はセレモニーなどの参加はあまりしませんが
人間の根本的なバランスを持ってる人です

このホールレイク(彼らが住む居留地)に人が今ほど住み始める前
彼はテント・・・まさにティピで暮らして、子供時代を過ごしたそうです
こんな小さな村の現在を見ても・・・
『今の生活は甘えてるよ』と言い、ここを本当に愛してるといいきります

自分の生きる場所を愛しきれるって、本当に美しい


| 1/2PAGES | >>