【最終:カナダ・クリー族 サンダンスの儀式を含む皆のところへ行く旅のお誘い】

【カナダ・クリー族 サンダンスの儀式を含む皆のところへ行く旅のお誘い】
 

彼らの居留地にたまたま辿り着き、2007年から通い始め10年が経とうとしています。
私は確かに彼らにたくさんのものをもらいました。
私を通して出会い合った方々もまた、きっと、そうであったと感じています。


そして。
私達が彼らに渡せるものもあるのだと今では実感しています。
彼らと私達の「共通性」と「異なり」。
この異なりには角度の違う問題があります。
私達にも問題はあり、彼らにもあります。
私達と彼らが心を痛めるそれぞれの問題に、
「出会い合う」ことで1+1=∞の可能性を生み「共通性」が鍵となって、
お互いに解決し合うような、パズルを埋め合うような。
そんな関係にあると感じているのです。


彼らと出会い合ってください。
時に心に光を、時に気付きを、時に痛みを。
そして、更なるご自身との出会いに繋がる旅になると。
今までご一緒してくださる方々を見ていても感じています。
私の個人旅行にご一緒してくださる方がいらっしゃいましたら。
よろしかったら是非。


サンダンスとはラコタ族に伝わる祈りの儀式です。
その一つのラインを受け継いだ19代目のウィリアム。
彼のもとに通い続け、それを自分の居留区でも開催する許しをもらった、私の師でもあるケネッチ。
ケネッチがチーフとして開催する3年目になります。


★定員:5名〜10名


★締切:5月5日(木・立夏)


★おおまかな予定
2016年
7月29日 Saskatoon空港に到着&HOTEL泊
7月30日 街で食材など購入&居留地入り 
7月31日〜8月2日 自由&サンダンス準備 
8月3日 treeday
8月4日〜7日 サンダンス
8月8日  自由&サンダンス片付け
8月9日  居留地出発&Saskatoonのホテルに宿泊
8月10日 日本到着


★旅行代金 25万円
含まれている内容
・航空券(燃料サーチャージ含む)
・ホテル代金2泊分
・サスカトゥーン⇔居留地往復
・居留地での滞在
・居留地での食材&生活消耗品


★別途、見ておいて欲しい予算内容
(+プラス)街での外食代金(2・3回はその機会があると思います)
(+プラス)居留地滞在費予備、目安2万円
(+プラス)サンダンスセレモニーへの個人的な用意
 *サンダンスに向けて、できるだけ希望に沿った参加が許されています。
  形によっては、たばこ、布などの購入が必要になります。
(+プラス)サンダンスセレモニーへのドネーション
 *セレモニーの準備にはとてもお金もかかります。
  しかし、彼らはセレモニーに対してお金を集めることはしません。
  そこで、日本人からという形でまとめてドネーションを渡したいと思います。
  その内容は、個人の判断にお任せします。


【旅の特徴】
★サンダンスセレモニーに各々の希望の形で参加できる許可をもらっています
★必要であればスウェットロッジに参加できるかもしれません
★運が良ければオーロラを夏でも見られるかも?しれない、ちょっと不思議な地です
★坂口は最善を尽くしますが、通訳できるほど英語も、日本語も得意ではありません


【女性の生理について】
彼らの言葉ではmoon timeと言います。
とてもとても、パワフルで大切な時間とされています。
クリエーターと直接に繋がっている時でもあります。
それ故、あまりにパワフルな為に、周りへの影響が強いとされています。
なので、その時はサンダンス他、スウェットロッジなどに直接には参加ができません。
別の言い方をすると参加の必要もないほどにパワフルな時であるとも言えます。
もし、セレモニー中に生理になった場合、他の方と同じ動きをとれなくなることも知っていてくださいませ。
別の形の祈り方となります。
それが、どのような形になるかは、向こうに着くまで私も未知であります。


【あくまでも個人旅行です】
すべてご自身の責任の下にご参加いただきます。
日本国内外に問わず、予定の変更、交通事故、病気、盗難、スリ、置き引き、クーデターやボイコットなど、すべて自己責任となり、坂口火菜子は一切責任をとりません。


【募集の条件】
★ご自身で海外旅行保険にご加入ください
★健康体であること
★日本のように便利・清潔・快適な状況・環境ではありません
 虫も沢山います
 このような環境と状況を楽しむことができる方
★臨機応変な旅となりますが、このような状況を苦と感じずに楽しむことができる方

以上になります。
必要な方へこの情報が届くよう、祈りをこめて。

坂口火菜子












 


コメント
コメントする








   
※コメントは管理人が承認してからの表示になります。
この記事のトラックバックURL
トラックバック