プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

主に活動している内容

HP内の検索

QRコード

qrcode

「Slow Food Youth Network Tokyo」

今日はご縁があって、インドネシアの離島、ベリタン島で"ARUMDAL BELITUNG"エコリゾートを経営し、Simple your Garden, Urban Creative Community LABといった農業コミュニティ形成を進めているアルバートさんに会う機会を頂きました。
インドネシアの離島で栽培されているスパイスや伝統品種のお茶などを使った、アルバートさんによるインドネシア料理までご馳走に♡
http://arumdalubelitung.com/




アルバートくんが準備してくださった食材にみんな興味しんしん!
コリヤンダーの種を食べさせて頂くと、知ってる味と違う!
それはなぜ?
水が違う?
大地が違う?
種が違う?
そんな話から、どんどん話は展開して。
在来種のことや農のこと、ネイティブ文化に学ぶ意思や、地域おこしや町づくり、それをいかに協力し合っていくかのシェア精神!
とにかく、話題が面白い!
そこに、私が大尊敬するネリマメ(https://www.facebook.com/teamnerimame/
などでもお世話になっている、大豆卸をしていらっしゃる山口物産の社長さんにご一緒していただき、話がどこまでも盛り上がるw
http://www.daizu.co.jp/




そして普段、人の年齢って全然気にしないのだけど、この集団の若さ!
「Slow Food Youth Network Tokyo」に関わる方が多いのだけど、
https://www.facebook.com/SFYNTokyo/
アルバートくん、そしてこの企画を立ち上げてくれた人。
そこに集う皆さんの年齢にびっくり!
皆、20代前半から中盤!
アルバートくんは、ぬぁぁぁんと25歳!
この中にいて、めちゃくちゃ楽しくて、そして希望を感じさせて頂いた一日だった。
だって、『銀座のビル屋上を任されていて、そこに育てられる在来種のものってなんだと思いますか?』なんて会話が普通にあがるんだもん♪
そこに、少し上の先輩が、知ってることをシェアする。
しかも、惜しみなく!




食は万人に共通する話題なわけですが、それを切り口にしっかり向き合って考えていくと、見えてくることがあって。
例えば
『美味しいお豆腐を食べたい!』
『そのためには、美味しい大豆が必要』
『そのためには、美味しい水が必要』
『そのためには・・・』
と、永遠に繋がりが見えてきて輪になる。
関係ないことが良い意味でどんどんなくなる。
私も、私にできることをバランスよくやっていこう♪
そんなことを改めて感じる一日を頂きました。
今日、ご一緒させて頂いた皆様♡
本当にどうもありがとうござました。!










コメント
コメントする








   
※コメントは管理人が承認してからの表示になります。
この記事のトラックバックURL
トラックバック