プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

主に活動している内容

HP内の検索

QRコード

qrcode

「サンダンスに学んだ祈りの力。そして2011年11月11日に祈りを。」

先日のネイティブライフin藤野にて、朝陽と共に、皆で輪になり祈りの時間を持った
雅紀与のモーニングソング、北山耕平さんのシェア、そして一人一人の祈り・・・
その中で北山さんが『最近の集まりには祈りが足りない』と言った言葉が私に残った

祈り



3月11日、震災があっても、原発のことで日本が揺れていても、
カナダへ2ヶ月行くことを止めず、とうとう、2ヵ月後の5月11日、旅立つ日
私は彼らのセレモニーを受け継ぐことも一つの目的に、いつの間にかなってる
今、この時に行く以上、カナダの地から皆のことを祈るよ!って思った
本気でそう思った

でも、同時に『祈りが何の役に立つんだ!?』と、自分の本気を疑った
今、被災地に行って瓦礫を片付けてる仲間がいる
今、被災地に行って炊き出しをしている仲間がいる
お風呂に入れない方々、十分に食べられていない方々、不安に包まれている方々・・・
自分が放つ『祈るよ!』に偽善を感じた

そう、不安だったあの時、海外に住む友達が『祈ってるよ』とくれた言葉にに対して
嬉しく有難く思う気持ちと、『それだかけよ』とやさぐれて受け止める自分がいたのも事実

なのに、私は『祈るよ!』と精一杯の本気を込めてカナダへ立った

祈り



カナダに着いてから、目まぐるしく起こる色んなことに必死についていきながら
同時に沈黙の時間を持ち、とことん自分と対話する時間をもった
断食の前の浄化として大切な時間と作業だった

私が共に過ごす人達の日常には大いなる存在への祈りが溢れている

私は沈黙の中で彼らの祈りとの向き合い方を改めて観察した
『祈ってるよ』とたくさんのメッセージを彼らもくれていた
私達、日本に向けて祈りのパイプセレモニーも行なわれたらしい

そして、時が経ち、断食、Womens Ceremonyを私達は無事に終えて
最後の彼らが私に経験させたがってくれていた大きなセレモニー、サンダンス

簡単にサンダンスを説明すると・・・
これは主に男性のセレモニーである
まさにどこまでも続くような、360度空を見渡せるような平原の中で、
一つのサークルが用意され、その中に一本の選ばれた木が運ばれ、大きな穴に差し、
その木を囲みながら、ダンサーと呼ばれる男性が4日間、
夜明けから日が暮れるまで飲まず食わず・・・つまり断食&断水したまま踊り続ける
炎天下の中で、風吹く中で、雨の中で・・・
踊るといっても、それは行進にも似た、リズムに合わせて歩を取る動き
その時に鷲笛をずっと引き続ける

一つのラウンドが15分から1時間ほど
ラウンドの間には休憩があり、その間に体を横にして休める
毎日、朝と夜にはスウェットを行なう

3日目、4日目にはピアッシングと言われるけど、胸元&ある人は背中にもピアスで穴を開け
木から垂れ下げられたロープと自分を結び、自分の肉が引きちぎれるまで踊る

私達女性や、子供も1日から参加できる
勿論、参加を始めた日から断食が始まるけれど、ピアッシングは子供にはなく
女性も望むなら二の腕に鷲の羽をピアスでつけるだけ

私はその中でヘルパーとして、ダンサーを守るセージを摘んだり
応援に集まる方々の食事を作ったりして過ごした
けど、主にやったことは彼らに対しての祈り

『来年はキミもダンサーとして中に入るか?』という質問に
『No』と答えた
その理由はまた長くなるから、ここには描かない

もし、ここまで読んでくださった方がいたとして・・・
『肉が引きちぎれる』なんて『ウギャァァァ!』と思われかもしれない
それを飲まず食わずで!?
死んじゃうじゃないかっ!!
そう、思われるかもしれない

その通りだ
死ぬかもしれない・・・本気で私もそう思った
私がやった4日間の、断食&断水だけだってあんなに辛かったのに、
今、目の前でみるみる肌が赤くなり、黒くなっていく
そして体がみるみる小さくなっていく

でも、本気で彼らはそんなことをしている
何の為に?

平和への祈り
母なる地球への祈り
創造主への祈り
地域への祈り
家族への祈り・・・・
祈りの内容は個性があって当然なんだけれど、とにかく彼らは祈りの為に命を目の前で使ってる

それを目の前にして、とても『ウギャァァァァ!』という感覚は生まれず、
とにかく、彼らをお守りください!
私達全てに対して本気で『こんな』ことをして祈る彼らをお守りください!
私は必死に祈り続けた

ダンサーの祈りが世界に向けての祈りと例えるなら
私達はヘルパーの祈りは、彼ら、ダンサーへの祈り

ハッキリ言って、これはすさまじい経験だった
夜になると満点の星空
東で嵐の雲が雷を落としながら流れ、北には虹が姿を出し、西に陽が沈む
そんな母なる地球の呼吸をダイレクトに感じる中での人間の必死の祈り

今尚、言葉にするのは容易でない経験だったわけだけれど
今、私がここにこれを書いているのは、この経験以降私は祈りへの認識が変わった
信じるも、信じないもなく、私は目にして見てしまった
祈りの力を
祈りの光を
確実に存在する祈りの力
それは母なる地球の偉大なる呼吸を前にしても決して引けを取らない大いなる力

IMGP3299.JPG

サンダンス終了後、ダンサーも私達ヘルパーも応援しに来る人も円を囲み食事を頂く
勿論、中には物珍しいものを見に来るような観光気分の人もいるし、
もしかしたら食事目当てで来ている人もいるかもしれない
だって、初日に比べて最終日の人の多さといったら、比べようがない!
あなた達!だったら、セージ摘みも手伝いに来てよっ!
と、器の小さい私が見え隠れしたのも事実だ(恥)
けど、ダンサーの彼らは円にいる人、一人一人に握手をし、そして感謝の気持ちを伝える
『あなたの祈りが僕を生かしてくれた、助けてくれたんだ』と

本当に死人が出てもおかしくないと思ってしまうこのセレモニーで
彼らが知る範囲では、『今までにそんなことは一度もない』、その理由は
ヘルパーの祈りの力に感謝する彼らの気持ちが全てを物語っていた気がする

ケネッチーは同時に私に話してくれた
『祈りだけではダメだ
 時に、行動も必要なのだ』
そして、そのケネッチの行動を大きく左右するのが、彼のパートナーである
メディスンウーマンのノラのビジョン

女性は大いなる存在と直接の繋がりを持っている
その繋がりと真に向き合うことを知る女性は本当にリスペクトされ、男達の動きを大きく左右する
こういうことに対しても、勿論、バランスが大切なのだ



今日、ツイッターに2011年11月11日は満月なんだって!祈りの力も強まりそうだ!
と、呟いたら、たかいく農園さんが『じゃぁ、皆で時間を合わせて祈ろう!』とご提案!
というワケで2011年11月11日11時11分に世界の家族の個人の愛と平和の祈り
そして2011年11月11日14時46分は被災地と被災に遭った全ての人への祈り
送りませんか〜?


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


【『虹の戦士・(北山耕平翻訳)』情報】
http://chottoshita.main.jp/2011/01/20/schedule/

11月11日(金)満月 @鎌倉・てぬぐいカフェ一花屋 Middles企画
    with宮下昌也ライブペイント
    with幸+福ライブ



11月19日(土) @練馬・ちょっとしたcafe
    withじぶこん

11月25(金)新月 @藤沢・へっころ谷 きょんちゃん企画
    withじぶこんじぶこんLIVE





コメント
とても深い。祈りと行動がセットであるということは本当に納得。そして、女性のビジョンが男性を支えるだなんて素敵。考え一つとっても、世に対する深い洞察力と冷静さと、あらゆるものに対するリスペクトが含まれていて、イチイチ感動させられます。
  • maimai
  • 2011/10/12 1:28 PM
マイマイ!久しぶりに会いたいわ。今の世の中を何を感じて、何に心をときめかせてる?ちょっとした会で、マイマイが意外な程に受けとってくれてたエネルギーが嬉しかったし、益々話したいと思った。彼らに学ぶことは大きいよ。矛盾も勿論あるけど、私には大きい。
  • 火菜
  • 2011/10/13 12:22 AM
北山さんの所から来ました。サンダンスの文章、情景が素晴らしく伝わってきます。火菜さんの経験が共有できたようでうれしく、何回も読み返してます。
祈りの凄さや不可思議な体験は、私も経験ある、といえると思います。。。


揺るぎない確信として。。。

ありがとう(*^^*)
  • fureser river
  • 2011/11/08 2:36 PM
ありがとうはこちらこそのセリフです。
こんな長い文章を何度も!?(感涙)
共有してくださって本当にありがとうございます!

祈りの力
目には見えないけれど、だからこそ、力強くもある存在

目に見える世界も、目に見えない世界も越えて、繋がっていけますように
変わりゆくこの時、これから、どうぞよろしくお願いします☆☆☆
  • 火菜
  • 2011/11/08 4:08 PM
コメントする








   
※コメントは管理人が承認してからの表示になります。
この記事のトラックバックURL
トラックバック