プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

主に活動している内容

HP内の検索

QRコード

qrcode

「藤戸幸次さんの照明傘 ちょ会ストーリー」

この人のことは、この夏、話しすぎたから(笑)省略しましょうか(爆)
いやいやいや、やっぱり、語るのだ〜♪

たしか2007年の年末に、友人のPさんに半ば強引に連れられて
今はなき、アイヌ料理専門店の『レラチセ』に、まずは出会ったんだよね

強引に連れていかれたのに、その場所の『何か』に私は一目惚れをして、
&そこで店長をしてた、今は中野にある
amanの店長さんをする沖くんと
(参考:
「月の魚Live With 善三くん&よーちゃん そしてCHO−1さん!」
今はニュージーランドに住んでるしんちゃんにも強く惹かれて〜
でも、なかなか再会をしに行けなかったんだけど・・・

でも、2008年、あることをきっかけに足しげく通うようになって、
その、きっかけの、次の回で、ゆきつぐさんに出会ったの



宇宙のような限りない世界と可能性が人の中にも存在していて、その入り口は目なんだ
・・・って、私はいつからか思ってるんだけど
ゆきつぐさんの『目』に出会った瞬間、ケネッチに出会った時のような〜
なんていうか、安心したんだよね
ま、これも、また、一つの一目惚れなのでしょうか(笑)

たまたま来てた、他のお客さんの子供達にムックリの鳴らし方を教えてて
その延長線で、私達にも教えてくれたんだよね

ちょうど、その頃、
ちょっとしたcafeのオープンに向けて準備してて
私は、cafeという場所が色んな出会いを紡ぐ場所になることが夢だったから
『ぜひ、cafeでムックリ教室をしてください』って・・・
ま、これも、今思えば、逆ナンだったのかなぁぁぁぁ(笑)



で、ま、そんな、やり取りを続けて、cafeオープン早々に、しんちゃんと来てくださって〜
それをきっかけにして、益々仲良くなっていって
静岡にゆきつぐさんが住むようになってからも、楽しいことを色々企んだワケです

通じる『先住民』という魂の部分でだったのか・・・
カナダでの、クリー族の家族のことも、すでに知り合ってるように
私の経験も、すごく興味津々に聞いてくれて
私が書いたカナダ記を、ゆきつぐさんに渡したなら
私の許可もなく、静岡の仲間達に見せてて、
私が静岡へ行ったときには、皆がケネッチ達のことを、すでに知っててくれて(笑)
ちょっと嬉し、恥ずかしい気分にもなったものです

今年、2010年、カナダへ行く寸前、
そして、それが最後になってしまったゆきつぐさんとの東京での時間の中で
ちょっとした会のことは色々、聞いてくれてて、一緒に想像してくれて、
ゆきつぐさんの作品も並べてくれる予定だったしね〜

だから、逆に、正直、この夏にゆきつぐさんが亡くなって、
あまりに悲しいし、しんどくてね、すでに、未来に企画されてるちょっとした会に
思い出が詰まってるような気がして、ちょいと苦しくて止めようかとも思っちゃったんだ
でもね、昨日書いた
『遊楽民』こと、中村くんの件もあったし、
なんだか、ゆきつぐさんが、あっちの世界から背中を押してくれてるような気がして
なんとか、ギリギリのところで、これを『やろう!』って思えてるんだよね
勿論、支えてくれてるこっちの世界の大切な人がいてくれてこそ!

色んな大切なモノをくれた人だけれど
何よりも『人との繋がり』を大切にしてて、それを分けてくれた人
『人が繋がって、皆が楽しかったらいいな』
こんな、小学生レベルの言葉を無邪気に並べて
小学生並に目をキラキラさせて、『何か』を取り戻すように託してくれた
そして私達の宝物となってしまった、照明傘

初めて、ちょっとしたcafeを抜け出します♪
ある人には、ヘンテツもない照明傘かもしれないけど〜
私にとっての大切なモノを、より多くの大切な人に出会ってもらえたら嬉しいな〜



(ゆきつぐさんの作品に、私が和紙を貼ったの
 ちょっとしたコラボレーション♪)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

『ミチルチルチル再演』2010年10月2日(土)&3日(日) @上北沢


『ちょっとした会 いちゃりばちょーでー』2010年10月30(土)&31(日)
                                    @代田橋スタジオ
http://chottoshita.main.jp/
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2001339




(『持って行って』と、私が今年カナダへ行く寸前に、ゆきつぐさんが作った竹とんぼをくれた
 『これを、思いっきり飛ばしたら、子供達が喜ぶと思うんだよね』
 そういって、限られた広さの、小さなcafeの中で
 やや、遠慮しながら、ゆきつぐさんが飛ばした竹とんぼは、あっけなく天井に届いて落ちた
 めちゃくちゃ広いカナダの大地で無邪気に子供達は思いっきり竹とんぼを飛ばす
 『こんなに飛ぶんだ〜』
 cafeの空間の限界を遥かに越えて、その竹とんぼは何度も何度も楽しそうにしてた♪
 しまいには、子供達、壊した(笑)
 この写真、日本に帰ったら、ゆきつぐさんに見せたら喜ぶだろうなぁ、って思ったんだ
 ゆきつぐさんが見てくれることはなかったけど、ま、今は何でも見えるでしょ♪)


コメント
コメントする








   
※コメントは管理人が承認してからの表示になります。
この記事のトラックバックURL
トラックバック